大阪で受ける脱毛のメリット
2018年12月18日

レーザーによるシミ治療の長所・短所・注意点

多くの美容クリニックで提供されているレーザーによるシミ治療は、以前は痛くて大変でしたが現在では麻酔クリームを塗布することで施術時の痛みも輪ゴムで弾かれた程度に軽減することができ、リーズナブルな料金で提供するクリニックも増えています。

とはいえ、レーザー治療には長所も短所もあるので、それを把握した上で美容クリニックを受診することが大切です。まず、この治療法は、シミの原因となるメラニン色素のみを狙い撃ちできるレーザー光を皮膚の上からピンポイントで照射することで皮膚の内部のメラニンを破壊する方法なので、皮膚にほとんどダメージを与えずに色素が濃いシミでも短時間の施術でキレイに取り除くことができます。

また、レーザー照射ならば1~3回程度と少ない回数の通院で効果があらわれるので、何度も通院が必要な他の方法に比べてシミ除去完了までにかかる費用も低く抑えられるのも長所といえます。これに対して、レーザーによるシミ治療では、レーザー照射を受けた後の患部にかさぶたができて完治するまでの約10日間かかりますが、この間は軟膏を定期的に塗るなど細かいケアが必要で、外出する際にはファンデーションで隠す必要があるので、施術後しばらくはアフターケアが大変という短所があります。

このように、レーザー治療には長所も短所もありますが、施術後の重大な肌トラブルを回避するにはやはり施術を受ける美容クリニック選びが重要なので、インターネットの口コミ情報を収集して実績豊富で信頼のおけるクリニックを慎重に選びましょう。なお、肌が敏感な方など一部の方は、施術時の激しい痛みや施術後の肌の炎症などによってどうしてもレーザー照射が続けられないこともあります。こうした場合には、フォトフェイシャルなどのより肌への負担の小さい方法を検討することをお勧めします。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *